面接時に確認しておきたいところ

転職活動をして採用されるかどうかは、面接試験の出来次第というケースがほとんどです。面接試験といわれると、自分が面接官にいろいろとチェックされているというイメージを持っている人もいるでしょう。確かにそのような側面があるのも事実ですが、一方で皆さんが病院のチェックをすることもできます。面接会場に行ったときには、病院の以下の項目をチェックするように心がけることです。

まずはベッド数と職員の人数がどのようになっているかを確認してください。看護師が明らかに患者数に対して足りない場合には、仕事量が多く、かつ休日が少なく残業も多いという過酷な環境の中で仕事を強いられる可能性は高いでしょう。

また福利厚生がどのようになっているかも面接の質問の中で確認しておいてください。年間の有休の日数はどのくらいあるのか、ボーナスの査定方法はどのようになっているのかなどを確認することです。深夜勤務になって終電の後に病院を出る場合、タクシー代は負担してくれるのかも確認しておくべきです。

コメントを残す