面接の時は自分からもガンガン質問しよう!

面接試験では、いろいろと質問をこちら側からする時間が設けられます。1~2年で辞めてしまった新人看護師の中には、「転職先の選択で後悔はしたくない」と思っている人もいるでしょう。そのように考えているのであれば、慎重にいろいろと質問をすべきです。きちんと聞いておかなかったがために、契約内容でいろいろと揉めることのないようにしてください。

そしてどのような細かな質問をしても、面接官が嫌がるということはまずないでしょう。逆にいろいろと細かな質問をして、明らかに嫌がるそぶりを見せるとか、煙たがっているような職場であれば、そのような所に就職すべきではありません。

たとえば、看護師長など看護師のトップに立つ人間が何らかの恐怖政治を横行している可能性も考えられます。トップの人間が独裁政治を行っていると、いろいろときかれると困るという可能性が出てくるからです。質問を嫌がるそぶりの見られる病院は何かあると思って、就職先から外した方が無難です。

コメントを残す